またまた ドローンが騒がしている。

群馬県前橋市で開催された自転車レース「第5回まえばし赤城山ヒルクライム大会」で、

小型無人機「ドローン」がスタート地点付近に落下し、炎上

人身事故にならなくて良かったです。

また、建物に落ちていたら火事になっていたかも 

9d0fc3f9-s.jpg


消防では、落下の際にバッテリーのリチウムポリマー電池が破損し、電解液が流れ出して気化したのが原因とみられる。

ほんとに落下してから燃えたのでしょうか。

あそこまで火が舞い上がるのはメイン電源が短絡したことで起こっていると思われる。すでに上空で火花は出ていたと考えるのが普通である。

dji製品をそのまま対策せずに雨の中フライとしていたとしたら今回の事故は起こりうる

今後冬も近づき結露も短絡の原因であり何らかの対策は必要

特に注意すべきは、農薬散布にそのまま使用される方要注意

墜落に値する隠れた原因は多々あります

磁力に反して飛んでるものは常に墜落は隣り合わせ、きっちりと技術習得を!!


LEAVE A REPLY