近赤外モニタリング

市販の近赤外カメラは数十万円 ソフトも入れると桁が変わってしまいますね。
コンデジを改造すると数万円+無料ソフト
今年は、自分とこの水稲を低コストで近赤外の波長を観察し、生育を判断していきます。
しかし、カメラバラシは相当面倒である。
ちなみにソフトは、フリーソフトの「QGIS」で水稲モニタリングの解析を十分に行うことができます。...
コンセプトは低予算で問題解決