手軽な赤外線カメラ

市販カメラを赤外線カメラに改造出来るか


赤外線改造の原理自体はシンプルで、センサーの前にあるローパスフィルターをIRフィルターに交換するだけ。
ですが、大手メーカーのカメラは無駄な空間がなく、作業でフィルムケーブル切断や撮像素子の破損の恐れもあり、
IRフィルターも安くても1,500円程度します。

赤外線カメラで包装紙の下が見えた

 

 

 

 

 

 


実際に赤外線カメラで撮影してみると、包装紙の下に隠れているバーコードがクッキリ見えました。
なお、赤外線カメラに改造されたデジカメではカラー撮影はできません。

また、真っ暗闇で赤外線ライトを照射しながら張り子犬を撮影してみました。
市販のデジカメと比べると、赤外線カメラ改造されたLUMIXは、赤外線ライトがどの辺りを照らしているかまでくっきりわかる写り具合です。

なお、赤外線カメラ改造されたデジカメが中古なら、メモリはSDカードなど汎用性が高いか、予備バッテリが入手できるかもチェックしたいところです。

赤外線カメラは可視光線をカット
赤外線は目には見えないものの、カメラでは捉えられます。そして、可視光線よりも波長が長い赤外線は直進性が高く、
包装紙などを貫通してその下の対象物で反射します。この性質を利用するのが赤外線撮影なのです。

赤外線カメラとして撮影をするには、真っ黒いIRフィルターをレンズに装着します。
可視光線をカットして、赤外線だけを透過。カメラのセンサーに反応させて赤外線画像にするわけです。

赤外線撮影の画像は色のないモノクロの世界。可視光線の下でモノクロ撮影した画像とは光の反射が異なるため、
独自の仕上がりになります。また、目に見えない赤外線を照射すれば、暗視撮影ができるというわけです。