動画撮影のポイント

Z15を搭載してプロのような映像がとれないとの問い合わせがありますが、確かにZ15はある程度のフライト技術で撮影は可能です。しかし、どんなにいいジンバルを取り付けても機体側の調整又はフライト技術がなければクレーンのような張り付いた映像は撮れません。


 



z15_overview.jpgそれはなぜか


三軸ジンバルはレンズのセンターに対してのブレを補正しているわけで機体側のズレは補正しません。ある程度は取りますが...


機体側がすこしずれた場合は震動のように見えます。大きくずれたら揺らぎようになります。


機体を進ませて撮影する場合でも機体が左右に振れると絵も左右に振れます。


特にホバーリングして撮影している場合は調整出来ていない機体は撮影が難しいと思います。


動画撮影の場合はフライトテクニック、及び絵の構図が描けなければいい映像にならないことを


ご理解頂きご検討ください。


 


 


LEAVE A REPLY