毎日 変わらぬ朝

毎日5時 起床 6時から2フライト これが当方の日課である。


DSC09363.jpg

今日も変わらぬ日々 変わらぬフライト場所

DSC09362.jpg

ここまでしてフライトさせる必要があるのか 
心の不安要素を取り除くためにやっております。
現場では自分の力を100%発揮できないので、技術の頂点を上げております。
DSC09365.jpg

また、毎日同じ仕様でフライトしているのではなく、変更を加えてフライトしていることも多い。
プロぺラの変更、ジャイロ感度の設定値を変更したりといろいろと試している。

一度安定した機体をそこまでする必要があるのか、 必要あります。
気象条件も刻々と変わり、それらに対応させるためにはどの設定値がいいのか、どの機体がマッチするのか見極めることも必要だからです。

ファントムの登場でますますマルチコプターのユーザーが増えております。GPSが搭載されているからと、どこでもフライトさせている光景をみますが、各地からトラブルの事例が多く寄せられております。
多くの原因が、電池残量に関する初歩的なミスですが、大きなトラブルあるようです。

ほんとに技量に合わせたフライトをお願いしたいものです。

JRCAのホームページに記載されている通り、危ない物をどう使いきるのかを今一度考えなおしてみては................

http://jrcagroup.web.fc2.com/

実際の飛行機に乗る機会も多いと思いますが、飛行機会社を選ぶ場合
どこで選びますか。
良く聞かれるのが日本の会社は安心、共産圏の会社は危ない
なぜ 同じ会社の飛行機を使っているのに
それはパイロットの技量と整備ですよね。ラジコンも同じことを認識して
技術向上を図ってください。

安定した機体では、フライト中に自分で機体の写真も撮れます。
安定していても危険な場所では真似をしないでくださいね。

DSC09370.jpg


DSC09372.jpg



LEAVE A REPLY