WAYPOINTを使用した測量業務

WAYPOINTも安定してきたので本格的に定期観測業務を開始致します。


手始めに研究機関とコラボして池の定点観測を開始


初めはWAYPOINTを使用するのではなくWOO KONG Mの情報を元に同一地点を


月ごとに変化を観測していきます。


ある一定の成果が出た後WAYPOINTで地点観測を行います。


使用機体はS-800又はS-800EVOを予定



S800-Evo.jpg


フライト時間を12分程度考えております。測量機器搭載して6KG程度


手始めにWAYPOINTが使用できないのはビデオ送信機の問題で


ある程度の距離がビデオ送信機で飛ばせないと有視界飛行になるためです。


現在ビデオ送信機を研究機関がいろいろと検討しております。


ビデオ送信機ができ次第WAYPOINTへ移行する予定です。



LEAVE A REPLY