水中調査

水中調査サービス
現在の水中ドローンの技術で、水中の簡易的な調査が主になります。

    水中ドローンでできること(一例)
  • 水中(海、川、湖、ダム、プール)の静止画、動画の撮影
  • ダムの底の調査
  • カキやわかめなどの生育調査
  • 海や川に生きる生物の調査
  • 養殖場の調査
  • 水中遺跡・洞窟など人間が立ち入るのには危険な場所の調査

水中ドローンのメリット

  • 安価のため、個人・中小企業も導入しやすい
  • ダイバー不要の無人機なので安全
  • 従来の水中調査よりも大幅コストカットが可能

導入機材

  • BlueROV

      100m以上の潜水能力を持ち、水中の様子をHDビデオで地上や母船のモニタリングステーションに
    ストリームすることが可能なROV/水中ドローン。パワフルなスラスターと高度な姿勢制御が可能なコントローラーにより、
    様々な条件下で安定した動作とデータ収集が可能。
    HDカメラによる捜索、モニタリング、構造物検査等の目視アプリケーションに加え、ソナー、水質調査用各種センサーも搭載可能。

    基本仕様

    サイズ457 mm ×338 mm × 254 mm
    総重量約11 kg (バラスト含む)
    潜行深度100 m
    水平移動速度1 m/s (2ノット)
    スラスター6基(水平方向×4、垂直方向×2)
    潜水時間1~3時間(18,000mAhバッテリーの場合。海流等、使用環境による)

     

     

    PowerRay

    外形寸法465×270×126mm(縦×横×高さ)、重量3.8kgの水中ドローンで、水深30mまで潜航できる。
    流線形のボディに容量6,400mAhのバッテリと、2基の後部スクリュー、上下移動用のスクリューを1基を搭載し、
    前後左右、上下方向に移動可能。最大50mまで移動できる。

    基本仕様

    サイズ465 mm ×270 mm × 126 mm
    総重量約3.8kg (バラスト含む)
    潜行深度30 m
    水平移動速度1 m/s (2ノット)
    スラスター1
    潜水時間2~4時間(6,400mAhバッテリーの場合。海流等、使用環境による)

     



    Zenbotと共同で水族館でのデモリール
    Zenbotは当社と姉妹関係