架空線張り

林業分野


木を伐りだすため尾根から尾根へワイヤーを渡す作業をドローンが導き線を張ります。

ドローンを活用した架線用ロープ張り
従来は、”ヘリコプター等”を使って、ロープを鉄塔の間に張り、徐々にロープをワイヤー、電線へと太くしていく作業を行っていました。

新たに”ドローン”を活用した新工法を確立

※送電線や変電所の付近では、電波障害等により操縦不能になるおそれがありますので、ドローンやラジコン飛行機等を飛さないよう、ご協力をお願いします。

写真はドローンを使ってリードケーブルを張ると、どのくらい短縮ができて、どの様な段取りが現場で必要なのか検証している時の写真です。

お問合せ

弊社へのご依頼を検討中の方でご不明な点やお問い合わせはお気軽にお電話ください。


お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合わせ内容

送信内容を確認しましたらチェック入れてください。